ウェビングテープを使ったワークショップ

23日に、農業高校の生徒さんを対象に、短時間のワークショップをしました。

この日のテーマは、岡山県が「次世代フルーツ」と銘打ち、推進している果樹4品種のうち、現在収穫期を迎えている「シャインマスカット」と「オーロラブラック」についての理解を、農業高校生に深めてもらうことです。

ワークショップに至る前に、農家の訪問、「シャインマスカット」と「オーロラブラック」の試食、スイーツ作り実習を経ています。

当日は、3高の生徒計27名が参加しました。「オーロラブラック」好きと、「シャインマスカット」好きのチームに分かれ、まずはウエビングテープを使って、チームの一体感を強化。丸く結んだウエビングテープの結び目をレーシングカーとして、早く廻す競争をしました。

続いて、「オーロラブラック」チームは、「シャインマスカット」チームの面々を、「オーロラブラック」派に引き込む説得のやり方を、「シャインマスカット」チームは、「オーロラブラック」チームのメンバーの気持ちを変えるための方法を話し合って貰いました。

発表の様子です。どのグループも代表者によるスピーチの方法を選択しました。「そもそもオーロラブラックは色が黒いので、暗闇では食べにくい」などの珍解説が頻出し、大爆笑。楽しい時間が過ごせました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です