イカサマ用専用サイコロを購入・三点物の成績は?

一昨日に引き続き、三点物の試行結果について報告します。
丁半博奕を前提として、偶数目の三点物(二四六)と奇数目の三点物(一三五)を用いました。

 

 

 

偶数目の三点物は、一~三回の試技とも、偶数目しか出ませんでした(上段の写真)。以降十回目(下段の写真)までの試技の全てで、偶数目のみの結果でした。
つまり十回の限られた回数ではありますが、イカサマの効果は完璧に機能したのです。

 

 

 

 

 

奇数目においても同様でした。一~三回の試技(上段の写真)に始まり十回目(下段の写真)に至るまで、奇数目のみの結果でした。
以上により、非常に高い確率で、イカサマの実行が可能となります。ただ、いつも丁半が同じではバレバレなので、賽子の組み合わせを、こっそり変える必要があるでしょう。
具体的には、丁を出そうと思えば、奇数目同士あるいは偶数目同士の賽子を組み合わせば良いし、半を出そうとすれば、奇数目と偶数目の賽子を組めばよいのです。

壺振りの手際が要求される場面です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です