アルゼンチン共和国杯は①ビートブラック。

G1一休みの週。

本当は、京都のメインみやこSに関心があるのだが、固く収まりそうな(収まって欲しい)ので、穴党の自分は、東京のメインを買うことに決めた。
5連勝中のローマンレジェンドに、ダート5戦無敗のハタノヴァンクール。どちらが強いのか。ジャパンカップダートまで、対決はとっておいて欲しかった。でも、1着2着を分け合うなら、次も楽しみになるので、両馬とも頑張って欲しい。

東京11レース「アルゼンチン共和国杯」の軸は①ビートブラック。②イケドラゴン④ルルーシュ⑧オクケンブルースリ⑭メーヴェ⑮ミッキーペトラに流す。

東京2500m芝の舞台では目黒記念が印象に残る。昔は天皇賞の前哨戦に位置づけられていて、けっこう盛り上がった。振り回した時の金槌の頭を思わせる勢いで、4コーナーをまくったキクノオー(本番の天皇賞ではなぜか不発だった)。3コーナーでまくって敗れたタニノチカラは、背景にある中央高速道の車と見間違うほどの凄い脚を見せた(本番では、反省を活かし勝利した)の2頭が忘れられない。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です