ふと立ち寄った「三人展」

アルネ津山4階の地域交流センター アートギャラリーで『三人展』という絵画展をしていました。ふと見かけた絵が気になって立ち寄ったところ・・・。img007

矢内慎治さん(農業経営)と弥生さん(奥さん)、早由紀さん(受験生)の家族三人の絵画展でした。上のはがきの絵は慎治さんの作品。
直接、慎治さんにお聞きしたところ、フランスの画家スーラを意識した画法で、一つ一つの点の彩色が影響し合って描写を形作っていくのだそうです。
なるほど近くに寄ってまじまじと見るよりも、距離を置いて見たほうが美しい。どの絵もとても素敵に見えました。
弥生さんの絵は、仏像を描いたものに惹かれました。早由紀さんの絵もよかったですよ。

残念ながら展示は9日まで。機会があれば、是非また見てみたいと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です