ひやおろし酒とは?

「ひやおろし」全体
聞き慣れない言葉を、友人にして博識者のはしさんから聞きました。はしさんによれば、本来2回する火入れを始めの1回に留め、涼しい蔵の中で熟成させた酒だそうです。
いかにも旨そう! 口の中に唾を溜めていたところに、なんと、はしさんが購入して持ってきてくれました。

 

表
ラベルの版画が手作りの味を期待させます。
白菊酒造株式会社は、130年近く続いている造り酒屋で、岡山県の高梁市成羽町にあります。
度数が19~20もあります。一般の清酒と焼酎の中間ぐらい。たかが酒と思って舐めていると、痛い目に遭いそうです。

 

ラベル
飲んでみると、口当たりが良く、果実の風味がしました。酒精の濃さが、きりっとした歯切れに感じられて、平茂寛が最もお好みの味!
ぐいぐいやりたい気持を抑えて、飲むのは三分の一程度に抑え、後日に楽しみを残しました。

はしさん、ありがとうございます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です