ちりめん細工とケーキ

2月18日~22日に津山市内で開催された第35回津山市医師会美術展に行ってきました。
町内のお医者さんのご家族が、毎年出品をされており、いつも楽しみにしています。

今年はちりめん細工の作品を出品されていました。P1020618

 

医院経営をしながら、よくもこれだけの制作をできるものだと、いつも感心させられます。

P1020614

 

それも素敵な作品ばかり。

左の写真が、なかでも一番気になった作品です。金魚のペアでした。写真では縮緬の布目の味がでなくて残念です。

 

P1020616

 

金魚鉢に入れたユーモラスな作品も。

 

 
P1020617

 

 

ステンドグラスで作るスタンドは、毎年趣向を変えて制作されています。なんともいえない色合いですね。溜息が出ました。

 

 

ムードランプ赤

 

ちなみに、これは一昨年に出品された作品です。

 

 

 

P1020619

当日は、津山市の洋菓子店アンジェのケーキもいただきました。
これは美味しかった!
抹茶味の餅皮の中に、抹茶ムースが包まれています。
全体に甘みを抑えていました。
特に和菓子チックな餅皮は、口当たりの滑らかさ、適度な硬さと粘り(スプーンでは切れず、口でがぶりと噛み切る)、仄かな甘み・・・もう、言うことなし!

中のムースも、クリームと抹茶が馴染んで、病みつきになりそうな味でした。
アンジェさんは、地元の農産物を積極的に活用されています。
上に乗っているのは作州黒(美作産の黒大豆)。薄い塩味が効かせてあって、それがよくクリームと合って・・・。
栗は、美作特産の作州栗ではないでしょうか。
ついでに抹茶の茶は、美作海田のお茶でしょうか。もしかしたら餅は新庄村産のヒメノモチ?
つい冗舌になってしまいましたが、それぐらい満足のできるケーキでした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です