この木、なんの木?

この木はなんの木でしょう?

この木なんの木葉の形を見たら、分かるでしょうか?
これはぶどうの木なんです。植えてから34年目とのこと。
品種名は『瀬戸ジャイアンツ』。全国的には「桃太郎ぶどう」の名で知られているぶどうの品種です。『瀬戸ジャイアンツ』は岡山県内の農家育種家が作出した品種ですが、この木は、植え付けが始まった初年に植えられたとのこと。『瀬戸ジャイアンツ』が人気のぶどうとして地位を高めていく過程を、栽培主の岡山市東区上松さんとともに見守ってきました。
『瀬戸ジャイアンツ』をはじめとする緑色の実を着けるぶどうの品種には、このように大木化する傾向が強いとか。
それにしても、これだけの木はなかなか見ることはできません。

ミミズ

 

上松さんは7年前から、化学肥料や農薬を使わない栽培へと移行しました。「ぶどう畑の土はシマミミズの糞でできている」と豪語されるのが不思議でないほど、土粒は軽い小さな塊を形成していて、水はけ、水持ち、地力の三拍子揃った立派な土です。ミミズももちろん見えます。広い

遙か先が小さく見える、このぶどうの温室は経営の一部に過ぎません。上松さんは、広い面積を80代でありながら、しっかり栽培し、優れた品質のぶどうを毎年生産されています。

趣味は軟式庭球。真夏でも、お昼には毎日欠かさず2時間はコートに立ちます。腕前は全国クラスとのこと。
素晴らしいパワーにぜひともあやかりたいと思いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です