「ロバートキャンベルさんと楽しむ秋の園遊会」で印象に残った一コマ その2

10月17日(土)に衆楽園迎賓館で開催された「ロバートキャンベルさんと楽しむ秋の園遊会」で、パネルディスカッション「曲水の宴を語る」が行われました。 そのなかで、印象に残った一コマ(実は二コマ目)について書きます。

 また、以下は実名入りとします。そのほうが伝わりやすいと思うので。

P1030096 パネルディスカッションでは「曲水の宴」に臨んだ四十人あまりの家臣が、どのような心境にあったかが話題となりました。

「曲水の宴」が開かれた明治3年当時、版籍奉還によって藩主の名称が藩知事になっていましたが、藩の体制そのものは江戸時代のまま引き継がれていました。
ところが翌年に廃藩置県が命じられ、藩は消滅して県となりました。藩知事は失職して上京が命じられ、代わりに新政府から県令(今の県知事に当たる)が派遣されたのです。これはまさしく激変に他なりません。

ゲストパネラーのロバート・キャンベル先生は、廃藩置県が参加者に予想されている中で「曲水の宴」が実施されたように弁じられました。

このとき平茂寛の心拍数は一気に跳ね上がりました。

パネラーのお一人尾島治先生は津山市郷土博物館の館長なのですが、同館の定期刊行物『津博2013.5』の中で、学芸員の方が、
「曲水の宴を開催した時点では、藩の廃止時期を誰も予見できなかったと考えられます」
「出席者たちが廃藩を前にした君臣の惜別の想いを胸に抱いていたと想像するのは早合点ではないでしょうか」
と、書いていたからです。
(なお「津博2013.5」からの引用を要約するために、意を損なわぬ範囲で原文を改変しています)

つまりキャンベル先生と尾島館長はまったく反対のお立場だったのです。

「曲水の宴」の参加者がどのような心境であったかによって、そこで詠まれた漢詩の解釈は大きく変わるはずです。それゆえに非常に重要な論点でもありました。

尾島館長が反論の口火を切るのか、それとも円満な雰囲気を大事に考えて黙っているのか・・・平茂寛は固唾を呑んで状況を見守りました。

そのときコーディネーターであった津山市観光協会の竹内佑宜会長が、パネラーに対して「当時の時代背景はどうだったのですか」との絶妙の投げかけをされました。

その後、具体的にどのような話になったのかは、竹内会長の素晴らしい采配に頭が痺れて聞き逃しました(笑)。
おおざっぱに言うと論戦にはならず、尾島館長とキャンベル先生とが交わす話を竹内会長がまとめ、「曲水の宴」の参加者の心境は「今後の重要な研究課題だ」との言葉で収拾されたと思います。
お見事な采配でした。まさに大岡裁き!

平茂寛は尾島館長の考えに賛成です。 パネルディスカッション当日に配布された資料中の漢詩十編を見る限り、確かに惜別の情は汲み取れません(なお、残りの二十編は、まだ平茂寛は見ておりません)。
人間は変化を予想するのが苦手な生き物であり、「いつかはそうなる」と聞かされていても、今の状態が明日も明後日も、それ以後もずっと続くことを前提に思考する傾向があります。
当時の参加者も同じだったのでは。

ところでキャンベル先生は、「曲水の宴」が一回だけ行われ、なおかつ町民のギャラリーまで集めたことに何らかの政治的な意味合いがあったはずだとの示唆をしました。
これには大いに頷きくなります。
そうなると、主催した側の人間は翌年の廃藩を予測していたのかもしれません。

ともあれ、創作意欲を大いに刺激された一コマでした。
平茂寛の時代小説家的な場面展開はこうです。

参加者のほとんどは、これからも同じ日常が続くと信じて「曲水の宴」に臨んでいる。だが、翌年の廃藩を予見している者が一人混じっていた。

その者は、他の参加者が読んだものと似たり寄ったりの漢詩を創るのだが、詩中に藩主への惜別の情をこっそりと込めた。
だが、参加者の一部がそのことに気づき、動揺を来す。
雅な雰囲気の中に走る緊張――。

こんな感じですかね。もっと素敵な設定ができるかも。とにかく考えているだけでわくわくしてきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です