「そば工房 くずはら」 岡山県加賀郡吉備中央町 に行きました。

 

 

おそば屋さんには、とても見えません。

 

 

 

 

左側の暖簾が入口。左手前はそば打ちの体験コーナー。

 

 

 

店内の様子です。店主の葛原さんは、平茂寛の勤め仕事の大先輩。

退職後、7年間そばの本場信州に何度も通った後に開店。今年7年目を迎えます。

 

 

おそばを注文すると、奥様手製の料理が小鉢で出てきました。

店主の葛原さんは、そば作りに集中。その間を埋めるように、奥様の心づくしの品が並びます。

 

小鉢の数は、なんと四つも。サツマイモのサラダ、大根の酢の物、ほうれん草の白和え、マスカット。思わず、うわあーっと、感激の声が出てしまいます。どの品にも、まろやかな美味しさを感じました。

(そばは明日紹介します)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です