「そば工房 くずはら」 岡山県加賀郡吉備中央町 に行きました その2

葛原さんが、信州のそば行脚中に出会って惚れ込んだ、最高級のそば粉で打った「田舎ざるそば」が今、大評判。

即、注文しました。

 


キターッ!

コシがしっかりあるそばが平茂寛は大好き。もっちり感も備え、喉越しもいい。

ああ幸せ……。

 

 

 

つい、かけそばも注文してしまいました。

 

 

 

 

そばの唐揚げは珍味。ぱりぽり。銀杏が季節の風味を添える。

我慢ならん。誰か、酒を持ってきてくれーっ!

 

 

 

自然薯(山芋)。葛原さんは地元の自然薯生産組合のリーダー。20年間かけて、栽培を研究し、育て上げた一品です。アクはなく純白。なのに、この粘りの凄さ、コクの深さはなんなんだ!

 

 

 

葛原先輩。ごちそうさまでした。いろいろな貴重なお話ありがとうございました。

また、お邪魔したします。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です