久々に競馬の話題です

この春から不振をかこっていた競馬ですが、
本日、久々に気持ちの良い結果が出せました。

資金の日々細る中、
9月から、これまでの馬連流しをやめて
win5に勝負の場を変えました。
まさに目指すは「一攫千金」!
点数を24点に絞っての全セレクト買いです。

そして本日9月18日
中山9Rは②ヨンカー、⑦キープレイヤー
阪神10Rは①ブラヴィッシモ
中山10Rは①シャドウパーティ、⑥ケイアイチョウサン、⑪マローブルー
阪神11R 第34回ローズSは⑥ジュエラー、⑦シンハライト
中山11R 第70回セントライト記念は④ディーマジェスティ、⑪ノーブルマース
の組み合わせを購入しました。

幸運にも一番最初の中山9レースで11番人気の⑦が1着となりました。
その後も的中が続き、最後の④ディーマジェスティの横綱相撲のような
そうでないような(笑)勝ちっぷりをドキドキしながら見ていました。

配当は729,040円。これまでで最高の配当金額!
これで執筆のほうにも、さらに力が入りそう\(^o^)/


「ほっこり江戸の湯話」講演会が地元新聞に掲載されました

5月に開催した講演会の模様を、地元の「津山朝日新聞」が記事にして下さいました。
記事では、6段も使って新著「若さま水鏡剣」の紹介まで、講演内容をつぶさに紹介しています。
今月末(6月26日14:30~)には、津山市立図書館で開催される読書会にゲスト参加致します。
奮ってのご参加を頂き、お互いに本の楽しさを共有できたらと思います。syokuaku 213

 


「ほっこり江戸の湯話」講演会開催

IMG_0189「ほっこり江戸の湯話」と題した講演会を、5月14日に津山市立図書館で開催しました。
 内容は、江戸における湯屋の始まりから、湯屋の構造やそこで働く人々、湯屋経営に関わるお金の話など。「18禁」の話題もありました
 参加された方々からは質問やご意見をたくさん頂きました。
 講演終了後は、サイン会を兼ねた新刊本「若さま水鏡剣」の販売です。津山ブックセンターアルネ店のスタッフのごIMG_0201協力でスムーズにできました。
 当日、関わった皆様方に心から御礼申IMG_0212上げます。
下の写真は津山ブックセンターアルネ店のスタッフのお二人、
IMG_0207
サイン会と新刊本『若さま水鏡』の販売

『若さま水鏡剣』を5月11日に発刊します。

 5月11日に、平茂寬の1年ぶりの新刊『若さま水鏡剣』税込680円が、株式会社
コスミック出版から刊行されます。
 将軍世嗣の徳川家治が、湯屋(風呂屋)の奉公人となって活躍するお話です。
 江戸城西丸から見下ろしていた町屋の姿と、番台から見た町人たちの生き様は、ど
う違って見えたのでしょうか?
 江戸時代の湯屋の様子、湯屋で働く人たちの姿、そして剣戟――様々な要素でお楽し
みいただけたら、と思います。syokuaku 184
 なおアマゾンにも掲載されていますが、表紙が添付されていませんでした。

「ミステリー小説を書くコツと裏ワザ」

平茂寬の師匠若桜木虔が、青春出版社から『ミステリー小説を書くコツと裏ワザ』を刊行いたします(5月25日)。

師匠は、毎年複数の教え子に小説賞を受賞させており、卓越した指導力は他の追随を許しません。
平茂寬も、師匠の指導がなければ小説家にはなれませんでした。

昨今は、小説賞を受賞しなければ小説家としてデビューできなくなりました。小説家デビューを目指す方には必読の書と断言できます。

私も含め、すでにデビューしている者にとっても、師匠の仕掛ける見事なトリックの創造過程に触れられる本著は、大いに参考になります。

すでにアマゾンで予約が可能です。

2d98659d-8a0f-4397-841d-16dcb0583c18


笑い文字に挑戦しました

笑い文字普及協会の寒川宗子先生から、笑い文字の書き方を教えて頂きました。

テーマは「ありがとう」で、とても楽しく学んだ結果がこれ!

先生曰わく「書いた人によく似ている」とか。

syokuaku 181

 

 

 

 

 

 

 
同じテーマで書いても人によってかなり違います。これは、当日私のパートナーをして下さった方の作品。

syokuaku 182

 

 

 

 

 

 

寒川先生ありがとうございました。


つやま和牛物語

つやま和牛内覧会に出席しました。「つやま和牛」は生産者、食肉業界、行政などが力を合わせて地域のブランドとしての確立を目指しているもので、
「生まれも育ちも津山」「月齢28ヶ月以上」「津山産小麦ふすまを300kg以上給与」した黒毛和牛です。

 内覧会では、4月からの初出荷開始より一足早く、「つやま和牛」の味を生産者、関係者が集って堪能しました。

平茂寬は「つやま和牛」のブランド化の一環として「つやま和牛」のストーリーづくりを任されました。
津山市などから資料や情報提供を頂きながら作成したのが「津山和牛物語」です。
当日は、壇上で「つやま和牛物語」を朗読する栄誉にも浴しました。

農業関係を職務としてきた経歴と小説家としての活動、両方を生かしながら地元津山のお役に立てる、またとない機会を与えていただいたと思っております。syokuaku 179

最後に「つやま和牛」の味について。
とてもジューシーで、噛み締めたときに出る肉汁の濃厚な味ととろける脂肪の甘さが口の
中に広がりました。今まで食べた肉の中でも最高ランクです。IMG_0154IMG_0152IMG_0159

皆様にもぜひとも味わっていただきたく存じます。

料理の一部です。冷シャブ(手前)とパテ(奥)。パテの横には津山産しょうがのジュレ。おいしゅうございました。このあとも豊かな津山の食材を利用した料理が続きました。

 

 

乾杯は津山産のショウガを使ったジンジャエールで。赤い色は美作地域特産の黒大豆によるもの。津山東高校の生徒が考案したものです。

 

 

 

 

朗読しているところ。